キャッシングは年収の3分の1まで?

キャッシングで借りられるお金は年収の3分の1までと決められている、という話を聞いたことがあるかもしれません。これは、賃金業法という消費者金融に向けて定められている法律の中で定められている、総量規制というものによって決められていることです。
キャッシングで借りられるお金は、その人の年収の3分の1までというのが総量規制の内容です。これは、キャッシングの返済に困ってまた他のキャッシング会社からお金を借り入れして、それが返せなくてまた他から借り入れる……そんな悪循環におちいって抜け出せなくなる、多重債務を防ぐ目的で定められています。
ですので、今現在、既に年収の3分の1の額を借り入れしている人が、他のキャッシング会社に申し込んで追加でお金を借りようとしても、借り入れることはできません。審査の際に個人の信用情報を見れば、すぐにわかってしまうことです。
でもそんなことを言われても、年収の3分の1以上の金額を借り入れしたいんだけど……という方もいると思います。そんな方でも、大丈夫です。この賃金業法は、消費者金融に向けた法律です。銀行はまた別の、銀行法という法律が適用されますので、賃金業法は銀行系のキャッシングには適用されず、年収の3分の1以上の借り入れも可能となっています。
借り入れしたい額が大きい方や、今既に年収の3分の1近く借りているけど追加で借り入れしたいという方は、銀行系のキャッシング比較サービスに申し込みしてみるとよいでしょう。


キャッシングの返済について

キャッシングを利用してお金を借りれば、当然のことながらその借りたお金を返さなくてはなりません。キャッシングでは、借り入れしたときから、毎月の返済が発生します。借り入れの際には、毎月の返済額がいくらになるのか、いつまでに返済をしないといけないのか、などをよく確認するようにしましょう。
返済額に関して言えば、借り入れした分の金額を返済すれば良いわけではありません。もちろん、決められた利率で計算された利息分の金額を払わないといけないのです。借り入れした金額プラス利息の金額が、総支払い額です。この総支払額が、自分が毎月返済できる金額を上回っていないか?しっかりと考えてからおまとめローンキャッシングを利用しましょう。
また、借り入れしているお金を一度で全部返す、一括返済という方法があります。この一括返済ができるだけのお金が準備できるのであれば、1日でも早く一括返済してしまえば、お得です。というのも、利息というのは返済期間が長くなればなるほど、増えていくものです。1日単位で増えていきますので、例えば予定よりも1ヶ月早く完済することができれば、その1ヶ月分の利息分は払わなくて良いので、その分のお金を浮かせることができます。
もちろん、一括とまではいかなくても、お金が準備できるのであれば、最低支払額よりも多めに返済していくこともできます。この場合も、予定より早く完済できるという点では、一括返済と同じく利息分の金額分、得することになります。


消費者金融の大手とは

消費者金融の大手と聞いて、あなたはどの会社を挙げるでしょうか。
現在ならおおそよ3社4社くらいの名前は、素早く思い浮かぶのではないかと思います。
ひと昔前、1980年1990年代の大手だった消費者金融は、武富士やアコム・プロミス・アイフル・レイクの5社が全盛期時代消費者金融業者を引っ張っていました。

どこの業種業界にも大手と中小があります。
大手が業界を盛り上げることで中小を含めた業界全体が成長していくとも云えますね。
現在の消費者金融おまとめローン大手は、アコム・プロミス・アイフル・レイクとなっています。
ひと昔前と現在の消費者金融の大手はどう変わったのでしょうか。

現在でも、ひと昔前の大手消費者金融も計画的な利用をするようにコマーシャルなどをして、消費者金融業界を引っ張り続けています。この大手5社はバブル崩壊後も業績を伸ばしていました。しかし、それが崩れだしたのは、2006年より2010年にかけて貸金業の適正化が図られ「貸金業法が改正」された頃からです。

法律改正の時代の流れや時流の変化に、経営や経営方針が固まり、対応が遅くなる、または身動きが取れなくなるような会社は、いくら大手でも、落ちてしまうのでしょう。
素早く生き残る為に、これからの時代利用者が、何を要求するのか、必要とするのかを法律に合わせて動けた会社こそが、世間に、言うなれば身近な消費者に再び認められて、大手消費者金融として名を馳せるのではないでしょうか。


年金借入とは?

年金借入という言葉を聞いたことがありますか?これは、年金を担保にお金を借入するという方法で、正確には独立行政法人福祉医療機構が行っている年金担保貸付事業といいます。

今現在年金の支払いを受けている方が、融資を受ける対象となります。老齢年金、老齢基礎年金、障害年金、遺族年金いずれの種類でも融資を受けることができます。

借り入れたお金の使いみちとしては保健医療、介護や福祉、住宅改修、教育、冠婚葬祭、事業維持、債務等の一括整理などに利用することが可能です。また投機性の高いギャンブルなどに利用するのでなければ、臨時生活資金として申し込むことも可能ですから、使いみちに制限はほとんどないと考えてよいでしょう。

申し込みは、独立行政法人福祉医療機構窓口と提示されている年金の受け取りを行っている銀行や信用金庫の店舗に借入申込書があります。必ず本人が直接窓口で申し込みを行いましょう。また、ゆうちょ銀行や農協、労働金庫は窓口となっていません。申し込みをしてから融資までの期間は3週間程度かかります。

民間の業者などが年金を担保とした貸付をすることは、禁止されています。年金は高齢者などの方の生活のための重要な収入源ですから、公的年金関係法などでも民間業者の貸付を禁止しています。また貸金業法でも違反した業者などには罰則規定があります。もしも年金担保にお金を貸します、といった民間の業者を見つけた場合は、十分に注意をするようにしましょう。

合わせて、アイフル評価についても調べてみましょう。